コミュニケーションコンテンツの作成や分析

コミュニケーションコンテンツの作成や分析

各機能を使いこなしPDCAサイクルを上手く回すことができれば、デジタルマーケティング活動において最高のパフォーマンスを発揮します。自動化されるのはコミュニケーションのパターンやタイミング、コミュニケーションで得られたデータ収集機能の部分のみであり、これを使いこなすためにはコミュニケーションコンテンツの作成や分析を常に行うことが必須なのです。

「オートメーション」といっても、システムを導入すればすぐに何もかも自動化されるわけではありません。それなりにコストも手間もかかるシステムですから、実際の運用管理体制を考えた上で、複数ある製品から運用にあった最適なものを選ぶべきです。

マーケティングオートメーションは高機能であるため、きちんとカスタマージャーニー分析やシナリオ設計をしてから活用するなど、機能の利用タイミングや方法を理解しておかなければ宝の持ち腐れになってしまいます。